イタチ駆除の方法とは - ネズミ超音波を使用して撃退

イタチ駆除の方法とは

日本には現在、ニホンイタチ(在来種)・チョウセンイタチ(外来種)という2種類のイタチが存在し、その他にもイタチ属ということでキタイイズナ・エゾオコジョなどがいます。


ネコ目イタチ科イタチ属に分類される胴長短足の細長い体型を持つイタチは雑食であり、小動物の他に果実なども食べる哺乳類です。

近年では民家の屋根裏に巣を作り、その糞尿被害が相次いでいます。見た目はかわいらしいですが、イタチ駆除に乗り出すほどの被害を及ぼすので、駆除業者も多く存在します。



大抵は、天井裏を走り回る騒音や糞尿の臭い、屋内侵入し食品を荒らされる、生ごみを漁られ散らかすといったことで気が付くことが多いです。

これらを被害を予防するためには、イタチの臭覚を利用した方法で、木酢液・害虫用燻煙剤などを撒くのも効果があります。

すでに被害に遭っていることに気が付いた場合には、イタチ駆除の方法をとることになります。

朝日新聞デジタル情報を厳選して紹介します。

狩猟期間内に限り、狩猟免許が無くても罠の設置が可能ですので、イタチの通り道にエサと共に設置します。但しメスイタチの場合には法律により狩猟獣とはみなされていませんので捕獲できません。


罠にかかった時は速やかに近くの水辺周辺に放します。

イタチ駆除方法で他に有効なものでは、強い光を当てることです。

発見されたと感じ、大急ぎで逃げ出しますので、夜や昼間でも暗い天井裏に急に強い光を当ててみましょう。

自治体により捕獲・駆除方法もさまざまありますので、確認してみましょう。