イタチ駆除のための対策法を考える

イタチは肉食を主とする雑食性の動物ですが、オスで30-40cm前後体重は450g程度、メスは小型で150g程度の小動物ですが、性質は獰猛です。

僅かな隙間から屋根裏などに侵入し、糞尿を撒き散らします。

糞尿はニオイが不快なばかりでなく細菌の温床にもなりえるため、家に居ついているようであれば、イタチ駆除の対策を講じる必要があります。
前提としてメスイタチは法律で捕獲が禁止されているので、対策は専らオスイタチに対する方法になります。

まず、イタチに直接触れないソフトなイタチ駆除方法から検討してみましょう。

イタチは嗅覚が発達しているので、その特徴を逆手に取ってニオイで退散させる手段があります。イタチが嫌がるものの代表格は木酢液です。



そのほか家周りの屋外では小動物用の忌避剤を利用するのも有効です。同時に営巣できないようにイタチの進入口を塞ぐことも忘れないようにしましょう。

せっかく追い出しても舞い戻ってきては意味がありません。

このサイトでAll About情報サイトを活用しましょう。

目の細かい金属網で進入口を閉鎖します。


それではイタチを捕獲するハードなイタチ駆除を考えて見ましょう。


駆除のために捕獲機を利用する場合には注意が必要です。
いつでも自由に使えるわけではありません。

敷地所有者の許可があり、狩猟期間内であれば狩猟免許を所持していなくても罠を設置できます。
狩猟期間は自治体に確認すれば教えてくれます。

(狩猟期間外では行政庁の許可等が必要になります。



)イタチの通り道に、から揚げや果物を餌に設置します。